5G

【2019】5G対応スマホ端末を価格帯別にリストアップ【発売時期も】

どろいど君
どろいど君
5Gに対応したスマートフォン機種の価格はいくらぐらいするの?高いの?

Samsung、LG、Xiaomiを含む多くのメーカーが2019年に5G対応スマートフォン端末を発表しました。

価格はモデルによって異なりますが、どれも決して安くはない印象です。

具体的な価格は発表されていませんが、前モデルの価格とスペックに基づいて、販売価格を見積もることができます。

【20万円以上】5Gに対応したAndroidスマートフォン機種

Samsung Galaxy Fold

5Gに対応したAndroidスマートフォンSamsung Galaxy Fold

サムスンの折りたたみ式スマホであるギャラクシーフォールド。

バルセロナのMWCでデビューすることが確認されました。この5Gスマホは4.6インチディスプレイを備えていますが、折りたたむと7.3インチタブレットに変わります。

現時点では、端末の正確な価格はわかりません。

現在出ている情報としては、4Gモデルは米国では1,980ドル、またはヨーロッパ大陸では2,000ユーロから始まるということです。つまり、5Gバージョンの価格は少なくともこれを上回る価格。

発売時期

ギャラクシーフォールドは2019年9月にアメリカで発売される予定。

Huawei Mate X

5Gに対応したAndroidスマートフォンHuawei-Mate-X-Foldable-Phone

サムスンと同様に、ファーウェイもMWCで5G対応折りたたみ式スマホを発表しました。

同社によれば、Mate Xは最大4.6Gbpsのダウンロード速度を達成でき、これは5Gの業界標準の2倍であり、4Gネットワ​​ークで現在利用可能なものの10倍。

スマホ端末は2,300ユーロで小売りされると予想され、これは2,600ドルに相当。

発売時期

ファーウェイは6月に販売を開始する可能性があると発表済み(日本では未定)。

Huaweiの米国での問題を踏まえて、Mate Xが米国でリリースされることは期待できません。

【10万円以上20万円以下】5Gに対応したAndroidスマートフォン機種

Samsung Galaxy S10 5G

5Gに対応したAndroidスマートフォンSamsung Galaxy S10 5G

ギャラクシーS10 5Gはバルセロナのイベントでギャラクシーフォールドと一緒に発表されませんでしたが、その数日前に開催されたサンフランシスコでの別のイベントで公表されました

Samsungは、端末の販売価格を正確には公表していませんが、高価になることが予想されています。

Galaxy S10 Plusの価格は1,000ドル。5G対応であることに加えて、S10 Plusよりも大きなスクリーン、より大きなバッテリー容量であることを踏まえると、少なくともこれより高価になることが容易に見積もることができます。

発売時期

Galaxy S10 5Gは、米国のVerizon専用端末として、2019年4月に発売。

AT&T、Sprint、T-Mobile、Spectrum Mobile、Xfinity Mobileなどにも普及していくとのこと。このうちのどれかが今年の夏に販売を開始すると予想がたてられています。(日本での発売時期は不明)

LG V50 ThinQ 5G

5Gに対応したAndroidスマートフォンLG V50

V50 ThinQはLG電子の最初の5Gスマートフォン端末。

前モデルからマイナーアップグレードとなり、高性能のクアルコムのチップセットを搭載、そして、さらにより大きなバッテリー容量。いくつかデザインも変更となりました。

前モデルの LG V40 ThinQは900ドルで発売されたことを考えると、少なくともそれを上回る価格となることは予想がつきます。

発売時期

アメリカでは、2019年5月から発売開始。

 関連記事  【5G対応スマホ】LG V50 ThinQ 5Gのスペック仕様【大容量バッテリー】

【10万円以下】5Gに対応したAndroidスマートフォン機種

Xiaomi Mi Mix 3 5G

5Gに対応したAndroidスマートフォンXiaomi-Mi-Mix-3-5G

MWC 2019で、XiaomiはMi Mix 3の5Gバージョンの発売を明らかに。

最新のSnapdragonチップセットと、3,800mAhのバッテリーを搭載する(通常のMi Mix 3は3,200mAhバッテリーを搭載) 。その他の仕様およびデザインは、両方のモデルで同じです。

Xiaomi Mi Mix 5Gは600ユーロ(約680ドル)で販売され、標準バージョンの端末よりも100ユーロ高くなると予想されています。

「Xiaomi Mi Mix 3 5G」は、比較的安価で手に入れられる5G対応端末といえるでしょう。

ZTE Axon 10 Pro 5G

5Gに対応したAndroidスマートフォンZTE-Axon-10-Pro-5G-

ZTE Axon 10 Pro 5Gは、8月に発売されたAxon 9 Proのアップグレードモデル。

napdragon 855チップセットと最大2Gbpsのダウンロード速度を達成するクアルコムのX50 5Gモデムを搭載するほか、3つの背面カメラ、最新のディスプレイ付き指紋スキャナ、および小型の水滴ノッチも搭載。

Axon 9 Proは650ユーロ(約740ドル)で発売されたので、Axon 10 Proの価格はこれより高くなる見通し。 800~900ユーロで購入可能と予想されています。

OnePlus 7 Pro 5G

5Gに対応したAndroidスマートフォンoneplus-5g-smartphone

OnePlusは、MWCでの5Gスマートフォンのプロトタイプを披露しました。

スマートフォンははショーケースに入っていたので、実機を手に取って確認することはできませんでした。同社はまた、デバイスのスペックを公表していない状況。

公表されている唯一の情報は、Snapdragon 855チップセットとQualcommのX50 5Gモデムが搭載されていることです。

正確な価格はまだ発表されていませんが、同社の最高経営責任者(CEO)は、同社の他のスマートフォンよりも200ドルから300ドル高くなるだろうと言及。

OnePlus 6Tは550ドルで販売されているので、5G対応端末であれば850ドル程度かかると推測されています。スマートフォンは5月末までにデビューするとのこと。

Energizer Power Max P8100S

5Gに対応したAndroidスマートフォンEnergizer-Power-Max-P8100S

Energizer Power Max P8100SはMWCでデビューした、折りたたみ式のスマートフォン。外側に6インチ、内側に8.1インチのディスプレイがあります。

この記事に掲載されているほとんどの5Gスマートフォンよりも安いです。同社によれば、850ユーロでそれを手に入れることができ、これは約965ドルに相当。いつ発売されるのかについての言及は今のところありません。

日本での発売は未定。5G対応スマホを先行して入手する方法

日本で5Gを使うには、日本の通信会社が5Gに対応する必要があります。

そして、ドコモやソフトバンク、auが5Gサービスをスタートさせたからといって、すぐに手持ちのスマホで5Gで使えるようになるわけではありません。

現行の4G(LTE)でも4Gに対応したスマホを持っていないと、4Gが使えないように、5Gに対応したスマホ機種を持っていないと5Gを実際に使用することはできません。

4Gと5Gでは、使用する電波周波数が異なるからです(5Gを受信できない)。

そして残念ながら、まだ日本では、5G対応機種はほとんど発表されていません。

 関連記事  【日本】5Gサービス開始時期はいつから?キャリア別に解説【2020年?】

 

 

 参考記事  Here’s what every 5G phone will cost you

 人気記事  【ヤバイ】LINEモバイルに乗り換えたら6500円も月額料金が安くなった




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です