Android

【レビュー】Googleレンズの機能・使い方をスクショ付きで徹底解説!

【レビュー】Pixel 2 XLでグーグルレンズの機能・使い方を実機解説

Pixel 3の発売が発表され、それと同時に話題になったのが「グーグルレンズ/Google レンズ」。

本記事では、グーグルレンズの機能・使い方をPixel 2 XLの実機でスクリーンショット付きで解説していきます。

そもそもGoogleレンズ(グーグルレンズ)とは?

テキストを操作する

メニューから料理を検索する、カレンダーに予定を追加する、ルートを調べる、電話をかける、翻訳するなどの操作ができます。

あるいは、単純にコピーして貼り付けることで手間を省くこともできます。

お気に入りのスタイルを見つける

気になるファッションや、リビングにぴったりの椅子を見かけたら、Google レンズを向けてみましょう。

検索ボックスにテキストを入力しなくても、似たような服、家具、雑貨を探すことができます。

メニューで人気の料理を見る

レストランで何を注文しようか迷ったら、人気のある料理を見てみましょう。

メニューで直接検索することも、Google マップで写真やクチコミを確認することもできます。

周辺のスポットを調べる

人気のあるランドマークに関する評価、営業時間、史実などの詳しい情報を見ることができます。

植物や動物の種類を特定する

友だちのアパートにある植物の名前や、公園で見かけた犬の種類を調べて特定できます。

どろいど君
どろいど君
スマートフォンのカメラを使って写したものを何でも調べることができちゃう!

Googleレンズ(グーグルレンズ)をダウンロード・インストールする

Google Lensをダウンロード・インストールする

Pixelシリーズなどの最新の機種では、あらかじめプリインストールされています。

プリインストールされていない機種は、Google Playのリンクからグーグルレンズをダウンロード・インストールしてください。

グーグルプレイ「Googleレンズ」

使っている機種・端末、使用している地域によって対応していない場合があります。

ダウンロード・インストールが完了したら、グーグルレンズを起動させます。

Googleレンズ(グーグルレンズ)の起動方法・使い方

【レビュー】Pixel 2 XLでグーグルレンズの機能・使い方を実機解説

グーグルレンズの起動方法は三通りあります。

  • グーグルアシスタント
  • カメラアプリ
  • Googleフォト

それぞれの起動方法を詳しくみていきます。

グーグルアシスタントからグーグルレンズを起動する

グーグルアシスタントのロゴ
  1. スマホ端末に向かって「Okay, Google」と声をかける or 端末を軽く握る(アクティブエッジ) or ホームボタン長押し
  2. グーグルアシスタントが起動
  3. グーグルアシスタントのメニュー左下にあるグーグルレンズアイコンをタップ

カメラアプリからグーグルレンズを起動する

カメラアプリのアイコン
  1. カメラを起動
  2. ハンバーガーメニューをタップ
  3. グーグルレンズを選択

Googleフォトからグーグルレンズを起動する

Googleフォトのロゴ
  1. Googleフォトをひらく
  2. 対象の画像・写真をひらく
  3. グーグルレンズのアイコンをタップ

上のどの方法でもGoogle レンズ アイコンが表示されない場合は、使っているスマートフォンが Google レンズに対応していない可能性があります。

続いて、実際にグーグルレンズを使用してみます。

グーグルレンズでなにができるの?主な機能5つ

グーグルレンズでなにができるの?機能は全部で5種類

グーグルレンズでできることは以下の5つ。

  1. テキストコピー(画像に映っている文字のテキスト化)
  2. 類似商品の検索
  3. 植物、動物の種類を特定
  4. 本、メディアを特定
  5. バーコードスキャン

さっそくそれぞれの機能をつかっていきましょう!

テキストコピー(画像に映っている文字のテキスト化)

この機能ではカメラに映っている文字をテキスト化できます。

テキストが日付、住所、名前などの情報の場合、それに情報にあったメニューを表示してくれます。

例えば、日付をセレクトした場合は、グーグルカレンダーと連動して「その日付の予定を入れる」項目が表示されます。電話番号の場合は、そのまま発信できます。

上の写真では、壁に貼られたポスターをグーグルレンズでかざし、その文字を翻訳しました。

メニューで「Translate」が表示されるので、選択した範囲をあっというまに翻訳することができます。

類似商品の検索

カメラに映った物(家具、洋服など)と似たものをグーグルで検索してくれます。

上の写真では、あえてごちゃっとした環境で写してみましたが、使用しているモバイルルーターに似ている商品を検索できました。(ちゃっかりモニターの”SAMSUNG”もテキストとして認識)

ワインのラベルを写してみたところ、見事、銘柄をあててくれました。

植物、動物の種類を特定

「この植物はなんという名前の植物だろう」と思ったときに、効果がありそうな機能。植物、動物の名前をグーグルが探してくれます。

部屋の観葉植物を写してみたところ、瞬時に植物の名称が表示されました。

植物の種類を逆引きするのは大変な作業なので、これで救われる方もいるのでは。

猫の写真では、猫の種類が表示されました。

本、メディアを特定

本やメディア(CD、DVD)を写すと、概要を表示し、レビューを読むことができます。

グーグルレンズで本、メディアを特定
グーグルレンズで本、メディアを特定

カメラをかざすだけでばっちりと書籍を特定してくれました。日本語にも対応していることがわかります。

バーコードスキャン

一般的なバーコード、QRコードの読み取りができます。

バーコードを使って、その商品を購入できる場所など、商品に関する情報を確認できます。

マイクロソフトオフィスのバーコード(赤丸部分)を読み取ってみたところ、該当する商品が正確に表示されました。

商品が表示されるだけでなく、「Shopping」からかんたんに購入ページに移行することもできます。

グーグルレンズのその他便利な機能

音声で「なにをしてほしいか」指示をだせる

音声にも対応しており、グーグルレンズに対して具体的な指示も可能。以下は一例です。

  • これは何?
  • これの高さは?
  • これを Google Keep に追加して。

認識できる被写体

  • 名刺: 電話番号や住所を連絡先に保存できます。
  • イベントのチラシや広告: カレンダーにイベントを追加できます。
  • ランドマークや建物: 歴史的事実や営業時間などを表示できます。
  • 美術館の絵画: 作者についての情報などを読むことができます。

Googleレンズの対応言語は?日本語は対応している?

現行では、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語で利用可能。

そして、Pixel 3の日本発売にあわせて、日本語にも対応することが決まっています。

Googleレンズのアイコンがない?見当たらない場合

Google レンズ アイコンが表示されない・使えない場合は、使っているスマートフォンが Google レンズに対応していない可能性があります。

対応を待つか、どうしても使いたい場合は、対応している端末に乗り換える必要があります。

どろいど君
どろいど君
最新の機能に触れたい方は、Pixel 3の購入を検討してみても良いかもしれませんね!

 

LINEモバイルにおトクに乗り換えよう!

毎月のスマホ代がなんと半額以下に!

LINEモバイルならキャンペーン期間中は月額300円から。キャンペーン期間終了後も月額500円~使えちゃう!

LINEモバイル公式Webサイト

/キャンペーンコード「1906WA05」でさらに5,000円引き!\

2年縛り&自動更新なし!だけど安い!

さらに今なら5,000円引きのキャンペーン実施中!

キャンペーンコードは「1906WA05」詳しくは、公式Webサイトから!

LINEモバイル公式Webサイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です