Android

【Android】ARCoreアプリが「Google Play Services for AR」に名称変更

【Android】ARCoreアプリが「Google Play Services for AR」に名称変更

GoogleのモバイルARプラットフォームとして知られているのが、ARCoreアプリ。

Googleは、AndroidのARCoreアプリの名前を「Google Play Services for AR」に変更しました。

ARアプリの名称が「Google Play Services for AR」に変更

Googleは、Playストアのリスト上で新しい名前に更新しました。

アプリの説明は、以下のようになっています。

「Google Play Service for ARは、認定されたAndroidデバイス上のARCore SDKで構築された拡張現実(AR)エクスペリエンスのロックを解除するAndroidパッケージです」

ARCoreのアイコンは変更されず

名称変更された一方で、現時点では、アイコンはARCoreのアイコンがそのまま使われています。

ARサービス最適化のための名称変更か

この新しい名前は、Androidのファーストおよびサードパーティアプリで使用されるAR機能、新しい機能の導入を担当するサービスに適しているとのこと。

Play Services for ARがバックグラウンドで更新されるかどうかは不明です。現時点では、ユーザーは新しいバージョンを許可するか拒否するかを選択できます。

 

 関連記事  【Googleアシスタント】音声機能がSNSのダイレクトメッセージに対応




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です