周辺機器・ガジェット

【レビュー】ノイズキャンセリング対応のCOUMIワイヤレスイヤホン【格安】ANC-860

【レビュー】ノイズキャンセリング対応のCOUMIワイヤレスイヤホン【格安】ANC-860
どろいど君
どろいど君
ノイズキャンセリングに対応しているおすすめのBluetoothワイヤレスイヤホンってある?AirPodsやSONYは高くて買えないから格安だがいいんだけど

と疑問を持っている方に向けて書いています。

この記事では、COUMI製Bluetoothワイヤレスイヤホンをレビューしていきます。

簡単にいえば、以下にあてはまる人におすすめできるイヤホンです。

 

  • Airpodsが高くて買えない
  • ノイズキャンセリングに対応したイヤホンが欲しい
  • 高音質でなくともそこそこ良い音質で聞ければOK
  • 在宅ワークに向いているイヤホン(マイク付き)を探している
  • 運動中(ジム、ランニングなど)に使える防水対応しているイヤホンを探している

 

記事の最後には40%オフの3,839円で購入できるクーポンを記載しているので、お見逃しなく!

COUMIワイヤレスイヤホン開封の儀

外箱

届いた状態は上の写真のとおり。

蓋を開けると本体(上)と付属品がはいった箱が登場。

黒でシンプルなデザインにまとめられています。

付属品

Accessoryと書かれた箱を開けると付属品がはいっていました。

 

  • 充電ケース
  • Type C充電ケーブル
  • シリコンイヤーピース(S,M,L各4個)
  • 保証書
  • クイックスタートガイド
  • 取扱説明書(日本語含む)

 

日本語つきの説明書がはいっているのはありがたいですね。

説明書読むの苦手、、、という人は、クイックスタートガイドだけ観るだけでも十分OK。

ケース

正方形に近いかたちになっています。サイズ感といい、形といい結婚指輪のケースのような印象を受けました。笑

後ろ側にUSB type-Cの接続端子がついています。

イヤホン本体

ケースをパカッと開けるとイヤホンが登場。

イヤホン本体にはL、Rの表示がないので、ケース本体にL,Rが表示されています。

慣れてくれば、手に取ってL,Rの向きを判別することもできます。

プラスチック製なので、重さは軽いです。長時間装着していても疲れることはありません。

ANCノイズキャンセルを試してみた

どうやらRealTek社の最新Bluetooth 5.1のICが採用されておりアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能も搭載されているとのこと。

ANCとは、周辺環境ノイズをDSPの信号処理により低減する技術のことです。

この価格帯のノイズキャンセリングは、果たしてどれくらい機能するのだろうか。。。?と思いましたが、いい意味で想像を裏切ってくれました。

家の中はもちろん、外でも試してみましたが、今までのワイヤレスイヤホンで気になっていたノイズがほとんど聞こえなくなりました。

これによって、音楽そのものの音に集中して音楽を楽しむことができます。

使用シーンでモードを使い分けも可能で、ANCモードのほかに、外音取り込みモードとノーマルモードが使用できます。

ノイズキャンセリングのほかにも、高性能なブルートゥース5.1のICでハイレゾ相当の音質を楽しめるのも大きな魅力です。

実際につかってみた感想(メリット・デメリット)

COUMI製Bluetoothワイヤレスイヤホンを実際に使ってみた感想を挙げつつ、レビューしていきます。

メリット

 

  • 価格が安い
  • 装着感が良い
  • 操作が簡単
  • ノイズキャンセリングに対応したイヤホンが欲しい
  • 通勤、通学時などノイズが気になる場所で使用したい
  • 片耳だけでも使用できる
  • 大きさが小さいので邪魔にならない
  • 音質はそれなりに良い(重低音は割と強め、高音のバランスが良くシャカシャカせずに厚みのある音質→安っぽくない)
  • Bluetoothに対応するスマホ(Android、iPhone)、タブレット、パソコンで使える
  • Bluetooth 5.0に対応しているので音楽が途切れにくい
  • 防水仕様(IPX7)なので汗をかくような運動にも使える
  • 内蔵マイクがあるので在宅ワーク(テレビ会議、電話)にも使える

 

この値段で上のメリットを考えるとコスパはとても良いですね。

通勤や通学、運動、自宅で音楽を楽しむ、などの場面でも一つのイヤホンでことがたりてしまいます。

 

ちなみに各IPXの基準は以下のとおり。

 

引用:防水・防塵の等級『IPX』とは? スマホを例に注意事項や保護基準を紹介

 

デメリット

 

  • ワイヤレス充電に対応していない

 

もしデメリットをあげるとしたら、ワイヤレス充電に対応していないことでしょうか。自分はワイヤレス充電を使わない派なので、あまり気になりませんが、、、

Bluetoothワイヤレスイヤホンで便利な機能はほとんど搭載されているので、あまり不便とは思わないですね!

 

製品の仕様と特徴

どろいど君
どろいど君
ここからは製品の細かな仕様を見ていくよ!!

仕様

タイプ COUMI ANC-860
Bluetoothバージョン 5.1
防水対応 IPX7準拠
製品素材 プラスチック
充電端子 USB Type-C
音楽再生時間
  • ANC ON:5.5時間再生(ケース込み最大30時間)
  • ANC OFF:7.5時間再生(ケース込み最大41時間)
イヤホン重量 左右各 約6.5g
ノイズキャンセリング
形式 インナーイヤー

 

特徴

アクティブノイズキャンセリング(ANC)

街中や電車などの騒々しい場所で音楽を聴きたい時、周囲の環境音をかき消すためにイヤホンの音量を上げている人は多いのではないでしょうか。しかし、そうしたやり方では耳に大きな負担をかけることになってしまいます。

アクティブノイズキャン機能を持つこのイヤホンなら駅/地下鉄/バス/街中などノイズが大きい場所でもノイズを低減し、イヤホン音量を上げなくても音楽が楽しめます!

環境ノイズキャンセリング(ENC)

通話音から周囲の様々な雑音を除去します。ANCと違って、ENCは通話時に専門のマイクとアルゴリズムで他人の喋り声、交通騒音、風きり音など周囲の雑音を抑えて相手に聞かせないようにでき、もっとクリアな通話音質を実現する技術です。

使用シーンでモードを使い分け

ANCモード、外音取り込みモードとノーマルモードが合わせて三つモードを使用シーンによって切り替えられます。

簡単な操作、耳に圧迫しないタッチボタンでの簡単な操作で、再生/一時停止/音量調整/通話操作/通話着信・拒否/音声アシスタント起動/曲送り/曲戻しなど多彩な操作ができます。

ハイレゾ相当の高音質

最新、高性能なブルートゥース5.1のICで、有線イヤホンに迫るハイファイサウンドを実現しました。その上、高音質コーデックにも対応し、φ13mmの大口径スピーカーを搭載し、優れた音質でお気に入り音楽が楽しみいただけます。

コンパクトながら41時間の長再生時間

イヤホン片耳は6.5g装着を忘れるほど軽さです。付属充電ケースを合わせてもたった60gです。

コンパクトなデザインなので、ポケットやバッグに収納してもかさばりません。イヤホン本体最大7.5時間再生可能です。付属充電ケースを合わせて使うと、最大41時間の音楽再生が可能です。

心地良い装着感

インナーイヤ型設計で、耳にストレスなく長時間装着しても快適です。S/M/Lサイズシリコンイヤチップを付属し、耳サイズに合わせて最適なイヤチップを選択いただけます。高い装着性と安心の防水性能を有し、スポーツの用途にも最適です。

 

まとめ

以上、COUMI製Bluetoothワイヤレスイヤホンをレビューしました!

以下に当てはまれば、ぜひおすすめしたいワイヤレスイヤホンです。

 

 

  • Airpodsが高くて買えない
  • ノイズキャンセリングに対応したイヤホンが欲しい
  • 高音質でなくともそこそこ良い音質で聞ければOK
  • 在宅ワークに向いているイヤホン(マイク付き)を探している
  • 運動中(ジム、ランニングなど)に使える防水対応しているイヤホンを探している

 

通常価格6,399円で販売されている商品ですが、下の本記事限定のクーポンを使うことで3,839円で購入することができるので、さらにコスパよし!!

【本記事限定クーポン!】

Amazonで購入する際に、下のリンクから大幅割引で商品を購入することができます!

本記事限定のクーポン(40%オフ!!)なのでお見逃しなく!

 

商品 【COUMI tws ANC860 最大28db Hybrid ノイズキャンセリング 完全ワイヤレスイヤホン】2020年最新Bluetooth 5.1 ブルートゥース 、φ13mm大型スピーカー 高音質 7.5+34H長時間再生、Android・ iphoneスマホもパソコンもテレビも対応 イヤホン マイク付き ENC対応 ハンズフリー通話 WEB会議用、防水IPX7準拠 インナーイヤ型 S/M/Lサイズのシリコンイヤチップを各2対付属 スポーツ用 、ワイヤレスイヤフォン True Wireless Earphones 黒
現在の販売価格 6,399円
割引後の販売価格 3,839円
割引率 40% OFF
クーポン終了日 2020/10/19

 

 

本記事は、製品提供レビュー(PR記事)です。

 




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です