Android

【新機能】GoogleレンズがiOS(iPhone)に対応!使い方を詳しく解説

Googleレンズのロゴ

Googleフォトの公式アカウントからGoogle Lens(グーグルレンズ)のiOS(iPhone)端末への対応が発表されました。

この記事では、Googleレンズでなにができるようになったのか、Googleレンズの使い方・やり方を解説していきます。

Google Lens(グーグルレンズ)にいつから対応?

2018年3月15日にGoogle Photosから発表された文章によると、Google Photosのアプリ上にGoogle Lensの機能が実装されたとのこと。

どろいど君
どろいど君
現在はもうみんな使用できる状態だよ!

Google Lens(グーグルレンズ)の使い方

  1. iPhone または iPad で Google フォト アプリ フォト を開きます。
  2. 写真を選択します。
  3. Google レンズのアイコン Google レンズ をタップします。
  4. 写真に応じて、詳細を確認したり、操作を行ったりできます。

グーグルレンズを使うにはグーグルフォトのアプリを最新バージョン3.15にアップデートする必要があります。

 

Google Lensでできること

Google レンズを使用すると、写真の被写体に関する詳細情報を表示したり、さまざまな操作を行ったりすることができます。

下記は、被写体とそれを元に行える操作の例です。

名刺連絡先に電話番号や住所を保存できます。
書籍書籍に関するレビューなどの情報を表示できます。
ランドマークや建物ランドマークや建物に関する情報を表示できます。
美術館の絵画絵画に関する情報を表示できます。
植物や動物生態などの詳細情報を表示できます。
チラシや広告イベントをカレンダーに追加できます。

くわしい使い方は以下の記事で紹介しています。

【レビュー】Pixel 2 XLでグーグルレンズの機能・使い方を実機解説
【レビュー】Googleレンズの機能・使い方をスクショ付きで徹底解説!Pixel 3の発売が発表され、それと同時に話題になったのが「グーグルレンズ/Google Lens」。本記事では、グーグルレンズの機能・使い方をPixel 2 XLの実機でスクリーンショット付きで解説していきます。具体的な例を用いてグーグルレンズを使ってみましょう。...

 




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です