Android

【外出自粛】あなたの家にChromecastが必要な5つの理由【コロナ】

【外出自粛】あなたの家にChromecastが必要な5つの理由【コロナ】

テレビに接続して、YouTubeなどの動画配信サービスをテレビの大画面で楽しめるGoogle製の小型デバイス「Chromecast(クロームキャスト)」。

新型コロナウイルスによる外出自粛(自宅待機)を受けて、時間つぶしに有効なアイテムとしても注目が高まっています。

created by Rinker
グーグル(Google)
¥5,073
(2020/10/29 19:22:04時点 Amazon調べ-詳細)

この記事では、「Chromecastが今なぜ必要なのか?」を5つの理由とともに紹介していきます。

Chromecastの価格

Chromecastにはいくつかのバージョンがありますが、コスパを考えるとHD1080pモデルがおすすめ。5000円前後で購入可能です。

Netflix、YouTube Premium、HBO +、Disney +などのサブスクリプションを使用しなければ、それ以上の追加費用はかかりません。

さらに、Chromecastはレシーバーとしてのみ機能するため、どこにでもストリーミングを持ち運ぶことができます。

Chromecastの実用性の高さ

Chromecastを楽しむためにAndroidを使用する必要はなく、特定のTVモデルも必要ありません。HDMIポートがあるTVであればOK。

小さなデバイスをHDMIポートに接続し、Wi-Fiネットワークに接続するだけで、稼働します。

非常に多くのアプリケーションがGoogle Castに組み込まれているため、お気に入りのビデオやオーディオサービスだけでなくChromecastを利用できるということです。

プラットフォームに依存しないため、Android内だけでなく、何千ものiOSアプリからキャストできます。

Googleアシスタントに対応

Googleアシスタントに対応しているため、Chromecastを音声で操作できます。

最初は違和感があるかもしれませんが、一度慣れると、操作性が高く利用する価値があります。

動画再生時には、一時停止、再生、早送り、巻き戻しを操作することもできてしまいますので、お皿洗いなどの家事をしながらでも、操作できます。

人気の対応アプリがたくさん

Chromecastは、以下の人気のアプリに対応。大画面のテレビで楽しむことができます。

  • Youtube
  • dTV
  • Netflix
  • Hulu
  • DAZN
  • Chrome
  • GooglePhotos
  • Spotify

ここに並べた以外にもたくさんのアプリに対応しています。(対応アプリ一覧

Google Stadiaでゲームも遊べちゃう!

Google Stadiaは、Googleが提供するゲームの配信サービス。(日本では現時点で未対応)

無料利用枠がすでに利用可能になっているため、追加のサブスクリプションを必要とせずに遊べるゲームもあります。

現時点では、公式のStadiaコントローラの購入が必要ですが、ゲーム機本体などを購入する必要がないので、かなり費用を抑えることができます。

created by Rinker
グーグル(Google)
¥5,073
(2020/10/29 19:22:04時点 Amazon調べ-詳細)

 




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です