Android

【スマホ歴12年が】電池の減りが早いときの原因と対処法【徹底解説】

スマホの画面

 

 

 

あれ?スマホの電池・充電の減りが早い?

 

と、感じている方に朗報。

スマホ歴12年の私が、電池の消耗が早いなと思ったときの対処法、バッテリーを長持ちさせるための方法を紹介します。

まず、バッテリーが減る速度(消耗)が速くなる原因は以下の可能性が高いので、それにあわせた対処で解決していきます。

  • 画面の照度が明るい
  • 不必要なアプリが裏で動いている
  • スリープモードに切り替わるまでの時間が長い
  • 電池(バッテリー)が寿命をむかえた

紹介する内容は、主にAndroid(アンドロイド)のスマホ端末向けですが、iPhone端末でも効果があると思います。なお、ドコモやソフトバンク、auといったキャリは関係なくこの記事で紹介する対処法を適用できます。

スクリーンの照明(明るさ)を下げる

スクリーンの照明(明るさ)を下げる

画面の明るさによって電池の消耗が大きく変わるので、まず試したい対処法がこれ。

通知バーの上の方に表示されている照度の調整バーを一番左にして、明るさを下げます

ただし、この状態だと屋外でスマホを見るときに画面が暗すぎてしまうため、必要なときにだけ照度をあげる(明るくする)ようにします。

スリープモードにはいる時間を短くする

スリープモードにはいる時間を短くする

LINEやメールを受信したときに画面が表示されますよね。この画面が表示されてから消灯するまでの時間(スリープモード)を短くします。

設定方法は、設定>ディスプレイ>スリープモードから消灯するまでの時間を選択。短ければ短いほど効果があります。

アプリを停止させる/アンインストールする

アプリを起動していなくても自動でバックグラウンドで動き続けているアプリがあります。

これも電池の消費をはげしくしている一つの原因。容量を空けるためにも、不必要なアプリを消してしまうのも手です。

アプリの自動同期を停止させる

GoogleフォトやGoogleドライブ、カレンダーなど、定期的に自動でデータを取得(同期)するアプリがあります。

アプリ自体を消さなくとも、これらの自動同期をストップさせることで、電池を節約することができます。

スマホのOSをアップデートする

最新のOS、端末システムのアップデートでバグや電池持ちを改善するためのプログラムが組まれていることがあります。

もしおこなっていないアップデートがある場合、アップデートしてみる手もあります。

 関連記事  システムアップデートで最新OSを確認・更新する方法

ダークモードを使用する

「ダークモード」は、画面の背景が暗くなるモードです。

Android Q 10から新機能として搭載された「ダークモード」を使用することにより、バッテリーの節約につながります。

 関連記事  【まとめ】ダークテーマとは?使い方と設定方法を徹底解説【Android】

モバイルバッテリーを持ち歩く

バッテリー自体が寿命に近づいている場合は、うえで紹介した手段を試してもバッテリー持ちが改善されないこともあります。

そんなときはモバイルバッテリーを使うという方法。最近は小型化されているので、持ち運ぶのはそこまで苦ではないです。

下のモバイルバッテリーでは、約3.5回充電できて、重さが軽く持ち運びやすくて便利

日常だけでなく、旅行のときにも役に立つので私も愛用しています。バッテリー切れの心配なく、遠出・外出できる安心感があります。

スマホ(携帯)を買い替える

あれ?バッテリーの寿命かも…という場合は、思い切ってスマホ(携帯)を買い替えるのも手です。

スマホの使い方や使用頻度にもよりますが、はやくて2年、3~4年も使っていればバッテリーは寿命をむかえます。

新しい機種で高スペックな機種ほどバッテリーの容量が大きいので、電池の減りを心配しなくて済みます。

最新のOS(Android Pie 9.0)であれば、アダプティブバッテリー機能(自動調整バッテリー)も使用できます。

 関連記事  【電池持ち30%向上】アダプティブバッテリーの設定方法

【おすすめ機種①】高スペックで電池容量の大きいスマホ

電池もちを改善させつつ、最新機種に触れたい方におすすめ。

バッテリー容量(3340mAh)が大きくて高スペック、かつ急速充電に対応しているので従来のスマートフォンより速く充電することが可能。

メインカメラは、約2400万画素+約800万画素+200万画素のトリプルカメラを搭載し、今人気の高いスマートフォンです。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)
¥31,580
(2019/08/17 04:45:04時点 Amazon調べ-詳細)

【おすすめ機種②】格安だけどバッテリー容量が大きいスマホ

一万円台で購入できる機種なのに、なんと4150mAhの大容量バッテリーを搭載

iPhone XSのバッテリー容量が2,658mAhなので、比較してみると大きいバッテリーを搭載していることがよくわかります。

 

電池の減りが早くてストレスが溜まっている状態なら買い替えてしまったほうが精神的に楽ですね。

私自身もスマホを乗り換えたことで、電池の減りを気にしなくなったので、なんでもっと早く乗り換えなかったのだろうと後悔しました。

 

 関連記事  【スマホの充電が遅い】ときの原因と対処法をスマホ歴13年が徹底解説

 人気記事  【格安SIM】LINEモバイルに乗り換えたら6500円も月額料金が安くなった

LINEモバイルにおトクに乗り換えよう!

毎月のスマホ代がなんと半額以下に!

LINEモバイルならキャンペーン期間中は月額300円から。キャンペーン期間終了後も月額500円~使えちゃう!

LINEモバイル公式Webサイト

/キャンペーンコード「1906WA05」でさらに5,000円引き!\

2年縛り&自動更新なし!だけど安い!

さらに今なら5,000円引きのキャンペーン実施中!

キャンペーンコードは「1906WA05」詳しくは、公式Webサイトから!

LINEモバイル公式Webサイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です