Android

【Pixel 4】ついにSoliとモーションセンスが利用可能に!2月4日から

日本で利用不可だったMotion Sense(モーションセンス)機能が、ついに日本で利用できるようになりました。

これまで世界的に使用されていましたが、日本では規制等の関係により利用できませんでした。

SoliとMotion Sense(モーションセンス)機能でデバイスに触れず操作

Soliレーダーテクノロジー

Soliレーダーテクノロジーは、2020年2月4日朝のセキュリティパッチに合わせて、日本のPixel 4およびPixel 4 XLデバイスで有効となりました。

スマートフォンの上部近くで手を左/右にスワイプすると、デバイス本体に触れずとも次/前の曲にジャンプできます。

このクイックジェスチャは、アラームをスヌーズしたり、着信コールをサイレントにするためにも使用できます。

Motion Sense(モーションセンス)

Motion Senseは、Ambient Displayと連携します。

AODは、近くにいるときにのみアクティブにすることができますが、テクノロジーは、Pixel 4が画面をオンにするためにあなたに手を差し伸べることを検出できます。

また、接近時に必要なセンサーをオンにすることで、顔のロック解除を高速化するのにも役立ちます。

プライバシー(セキュリティ)の面では、Googleはすべてのデータがデバイス上でどのように処理されるかを記録します。

Googleアシスタントの新機能が日本語に対応

新しいGoogleアシスタントが日本語で利用可能になりました。

デバイス上の処理のおかげで、回答の取得速度が10倍に。

デザイン面では、短いアシスタントパネルがあり、Googleとのやり取りをより控えめにし、バックグラウンドで実行していることを保持します。

このアシスタントは、音声だけで連絡先に写真を送信するなどの新機能も備えていますが、口頭ボイスコマンドだけでより多くのアプリを使用できます。

懐中電灯の点灯や音量の調整など、その他のプロンプトはオフラインで機能するようになりました。

ついに日本でレーダー関連機能が有効に

10月のPixel 4発売時には、レーダー機能は「近日公開」とリストされ、規制プロセスにより可用性が低下する可能性がありました。

Googleは12月のPixel Feature Dropで、英国、カナダ、アイルランド、シンガポール、オーストラリアで新しい英語のアシスタントを発表しました。

Googleは、Pixel 4およびPixel 4 XLの日本の所有者に、新しいAssistantおよびSoli機能を取得するためにデバイスを更新するようアドバイスしています。

 




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です