Android

【OPPO】Android 10ベースの最新OS「ColorOS 7」のリリース時期が明らかに

【OPPO】Android 10ベースの最新OS「ColorOS 7」のリリース時期が明らかに

中国のスマートフォンメーカーOPPOは、中国北京で開催されたイベントでColorOS 7をリリースを発表。

OPPOの最新のAndroidスキンは、Android 10で導入された各種変更を取り入れ再設計されたUI。

ColorOSの以前のバージョンと比較してユーザーエクスペリエンスを向上させます。

Android 10ベースとなるOPPOの最新OS「ColorOS 7」の特徴

ColorOS 7は、視覚的な疲労を軽減し、より快適なカラーシステムをユーザーに提供することが期待される新しいビジュアルデザインコンセプトにまとめられています。

ColorOS 7のアイコンはカスタマイズ可能であり、ユーザーはホーム画面のアイコンの形状とサイズを変更できます。

さらに、OPPOは高品質のデスクトップエクスペリエンスを提供するために、新しいArt +壁紙をソフトウェアに追加しました。

加えて、OPPOは、有名なデンマークのサウンド会社であるEpisoundと提携して、ソフトウェアに含まれるサウンドエフェクトを完全に再設計しました。 MIUI 11で導入されたサウンドの変更と同様に、OPPOのColorOS 7は、周囲の物理的な世界のサウンドをエミュレートして、ユーザーに心地よい体験を提供することを目的としています。

アプリの起動時間40%減も見込める新型OS

オーディオビジュアルの設計変更はそれ自体が非常に印象的ですが、ColorOS 7はシステムパフォーマンスを改善するためにいくつかのバックグラウンドも最適化しています。

システム周り

ColorOS 7では、デバイスのRAM最適化機能が向上し、アプリの起動時間が最大40%短縮され、システムリソースの効率が30%向上すると発表しています。

さらに、ソフトウェアにはゲーム全体のゲーム体験を向上させるために、ゲーム内のフレームレートとタッチ応答が改善されています。

カメラ機能

ColorOS 7には、ポートレートモード2.0、強化されたナイトモード、ビデオキャプチャ用の超安定モードを備えたカメラアプリの改善も含まれています。

ギャラリーアプリにも変更が加えられ、キャプチャ、編集、共有が高速化されました。

ColorOS 7のリリース時期はいつから?

イベントでは、OPPOはColorOS 7のリリースタイムラインが共有され、11月25日にロールアウトのフェーズ1を開始される予定です。

フェーズ1では、OPPO Reno、Reno Inspiration Edition、Reno 10x Zoom、Reno Barcelona Customのソフトウェアがリリースされます。

フェーズ2は2019年12月に開始され、OPPO Reno 2にソフトウェアが更新される予定です。来年のアップデートの受信が予定されている残りのOPPOデバイスのリストは次のとおりです。

 

  • フェーズ3 (Q1, 2020)
    • OPPO Reno 2 Z
    • OPPO Reno Z
    • OPPO Find X (スペシャルエディションを含む)
    • OPPO R17 (スペシャルエディションを含む)
    • OPPO R17 Pro (スペシャルエディションを含む)
    • OPPO K5
  • フェーズ4 (Q2, 2020)
    • OPPO R15 (スペシャルエディションを含む)
    • OPPO K3
    • OPPO A9
    • OPPO A9x
    • OPPO A11

RealmeデバイスもColor OS 7の更新対象に

ColorOS 7のわずかに変更されたバージョンがRealmeデバイスに展開され、Realme XおよびRealme X Youth Editionは来年2月に更新される予定です。

Realme Qは2020年3月に更新され、Realme X2とRealme X2 Proは2020年4月にColorOS 7を受け取る予定です。

 

 関連記事  【まとめ】Android 10の新機能、特徴、変更点、不具合を徹底解説




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です