Android

【Pixel】過去の写真ボケ調節など続々と新機能が追加【2019/12アップデート】

【Pixel】過去の写真ボケ調節など続々と新機能が追加【2019/12アップデート】

2019年12月9日、Google公式ブログによると、アップデートによりPixel端末を対象に以下の新機能・改善が実装されたとのこと。

  • 昔の写真のボケを調整可能に
  • 迷惑電話を撃退する「オートコールスクリーン」
  • Duoのビデオ電話の改善
  • その他レコーダーやライブキャプション機能など(Pixel 4だけでなく、Pixel 3やPixel 2なども対象)
どろいど君
どろいど君
それぞれの新しい機能を紹介していくよ!

昔の写真のボケを調整可能に

数年前に撮った写真でも、ポートレートモードをオンにするのを忘れた場合でも、Googleフォトの「ぼかし機能」を使用して、自然なボケを調整できるようになりました。

迷惑電話を撃退する「オートコールスクリーン」

Googleアシスタントにより、電話が鳴る前に不明な発信​​者を自動的に選別し、検出されたロボコールを除外できるようになりました。

発信元がロボコールではない場合、電話は通常通り鳴ります。誰が電話をかけているのか、そしてその理由についての有用な情報が表示されます。

Duoのビデオ電話の改善

Pixel 4のビデオコールは、ロジスティクスではなく会話に集中できる新しいDuo機能を備えています。

Pixel 4の広角レンズでは、自動フレーミングにより、Duoのビデオ通話中に顔を中央に維持します。さらに、他の人があなたのショットに加わった場合、カメラは自動的に調整してあなたとあなたの両方をフレームに入れます。

Duo通話の再生もさらにスムーズになりました。

接続不良が音声のむらにつながる場合、Pixel 4の機械学習モデルは、音の発生を予測し、中断されるのを最小限に抑えます。

Pixel 2、3、4でDuoビデオコールを行う場合、ポートレートフィルターも適用できるようになりました。背景のやさしいぼかしに対してよりシャープに見えますが、背景などを気にせずに会話に集中することができます。

その他レコーダーやライブキャプション機能など(Pixel 4だけでなく、Pixel 3やPixel 2なども対象)

その他の新機能は以下のとおり。一部、以前のPixelシリーズ(Pixel 2、3、3a)にも適用されます。

  • Recorderアプリが、以前のPixe端末で利用可能に
  • Pixel 3および3aユーザーは、ライブキャプション(自動字幕機能)を利用可能に
  • デジタルウェルビーイングも更新されました。フォーカスモードは、シングルタップで選択したアプリを一時停止することにより、生産性を維持し、注意散漫を最小限に抑えるために展開されています。自動スケジュールを設定したり、短い休憩をとったり、スケジュールを中断することなくフォーカスモードを早期に終了したりできます。
  • 英国、カナダ、アイルランド、シンガポール、オーストラリアでPixel 4を使用している場合、すぐに新しいGoogleアシスタント(英語のみ)が手に入ります。これはさらに高速で便利です。
  • Pixel 4の最新のアップデートでは、位置情報の質を大幅に向上させるオンデバイスコンピューティングの改善により、Googleマップの驚くほど高速な精度も得られます。

Pixelはより充実したスマートフォンに

これらの新しい機能に加えて、すべてのPixelデバイスは、機能ドロップでメモリ管理の更新も受け取ります。

この新しい機能強化により、スマートフォンはキャッシュされたアプリケーションを圧縮し、ユーザーがゲーム、ストリーミングコンテンツなどの複数のアプリケーションを同時に実行できるようにします。

これらの機能は既に展開されており、今後数週間でPixelデバイスにヒットします。新機能を入手するには、Androidの最新バージョンに更新し、Playストアにアクセスして更新されたアプリのダウンロードを開始します。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です