Android

【Huawei】Googleマップの代替となる「Map Kit」を開発|10月リリース

【Huawei】Googleマップの代替となる「Map Kit」を開発|10月リリース

現在、Googleマップは主要なWeb上地図サービスですが、Huaweiが独自のマップサービスに取り組んでいることが明らかになりました。

Huaweiの新しいマッピングサービスは「Map Kit」と呼ばれます。

Huaweiが新しく開発している「Map Kit」とは

Huawei Map Kitは、Googleマップと同じように、リアルタイムの交通状況、車線変更の認識、AR機能を提供するとされています。

また、このサービスは40の言語で利用可能で、2019年10月リリースされる予定です。

Googleマップの代替としての「Map Kit」

「Map Kit」は、アメリカとの関係性の理由で、Androidが利用できなくなった場合の「プランB」であることが意図されています。

Huaweiは恒久的にAndroidの使用を禁止された場合、新しいAndroidスマートフォンででGoogleアプリを使用することが禁じられる可能性があります。

huaweiは、HarmonyOSデバイスでGoogleサービスを使用する際に問題に直面するため、今回の「Map Kit」の開発は賢明な判断といえるかもしれません。

「Map Kit」のマッピング精度

Huaweiは既存のインフラストラクチャでマッピングの取り組みを強化できると語った。

結局のところ、同社は約160のマーケットに基地局を所有しており、理論的にはこの技術を使用してマッピングの精度を向上させることができました。

Map Kitは、唯一のGoogleマップの代替手段となることが予想されています。

 

 関連記事  【Huawei】HarmonyOSとAndroid OSとの違いを詳しく解説【特徴】

 関連記事  【Huawei】P20など多くの機種でAndroid Qへのアップデート対応が決定




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です