Android

【Android 11】スクリーンレーコーダーの使い方まとめ【ベータ版】

【Android 11】スクリーンレーコーダーの使い方まとめ【ベータ版】

2020年7月上旬に更新されたAndroid 11ベータ版2から、新たにスクリーンレコーダー機能が追加されました。

この記事では、スクリーンレコーダ(画面録画機能)の使い方・やり方をまとめていきます。

Android 11新機能 スクリーンレコーダーとは?

スクリーンレコーダーとはスマホの画面を動画・映像として録画・保存できる機能です。

これまで外部アプリなどでも画面録画することができましたが、Androidスマホであれば、アプリなしで標準機能として利用できることになります。

どろいど君
どろいど君
スクリーンショットが静止画・写真用とすると、スクリーンレコーダーはその動画版!

スクリーンレコーダーの使い方・やり方

Android 11ベータ版2に更新するとスクリーンレコーダーが追加されますが、デフォルトでは固定されたツールバーの一覧には含まれていません。

はじめの手順として、以下の画面のように、ツールバーの「編集」から「スクリーンレコード」を追加する必要があります。

ツールバー上に「スクリーンレコーダ」が追加し、スクリーンレコーダをタップすると以下のようにオプションが表示され、「録音」「画面上のタップも記録する」の設定を変更することができます。

「録音」の設定では、以下の画面のように「マイク」「デバイスの音声」「デバイスの音声とマイク」から任意の設定を選ぶことができます。

どろいど君
どろいど君
用途に応じて選べるのは便利だね!

 

 関連記事  【レビュー】ピクチャ・イン・ピクチャ(PIP)の使い方まとめ【Android】

 関連記事  【まとめ】Android 11の新機能、特徴、変更点、不具合




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です