Android

【Huawei】HarmonyOSとAndroid OSとの違いを詳しく解説【特徴】

【Huawei】HarmonyOSとAndroid OSとの違いを詳しく解説【特徴】

Huaweiは、HuaweiスマートフォンのAndroid OSを置き換える可能性がある新しいオペレーティングシステムHarmonyOS(ハーモニー・オーエス)を発表しました。

Huawei Consumer Business CEOのRichard Yu氏は、「HarmonyOSはAndroidやiOSとはまったく異なるOS」と説明しており、同社は、オペレーティングシステムがスマートウォッチ、スマートスクリーン、スマートスピーカーなどのスマートデバイスに最初に使用されると言及しています。

この記事では、HarmonyOSをAndroidの違いをまとめていきます。

HuaweiのHarmonyOSとは

HarmonyOSは、​​分散アーキテクチャを使用する初めてのデバイスオペレーティングシステムです。

Huaweiは、Googleオペレーティングシステムには多くの不要なコードやその他のさまざまなレガシー問題があるため、オペレーティングシステムがAndroidよりも高速になると主張しています。

HarmonyOSは、​​マイクロカーネル設計も備えています。Huaweiは、マイクロカーネル内で最も基本的なサービスのみが実行されるため、セキュリティが強化され、待ち時間が短縮されると主張しています。

これは、Linuxベースのカーネル内から約1000倍のコードを実行するAndroidとは対照的です。

HarmonyOSは、​​これらの各デバイスに適合するように適応するため、さまざまなデバイスタイプにわたって実装することもできます。

これは、さまざまなデバイス向けにアプリを何度も開発する必要がないアプリ開発者にとって特に有益です。

対照的に、AndroidやiOSなどのオペレーティングシステムは主にスマートフォンで動作し、他のオペレーティングシステムはSamsungやAppleの他のガジェットのほとんどに必要です。

HarmonyOSの特徴「適合性」

HarmonyOSのデバイス間の汎用性の最大の魅力の1つは、デバイス間の相互作用を提供することです。

HarmonyOSを初めて搭載するデバイスとなる、Honor Visionスマートテレビでは、簡単なペアリングプロセスにより、ユーザーがテレビをスマートフォンにほぼ瞬時に接続し、スマートフォンの画面をスマートテレビ画面に映し出すことが可能。

Huaweiはまた、Honor Visionがスマートホームデバイスの中央ハブとして機能することを望んでいます。将来的にはすべて同じオペレーティングシステムを使用できるようになります。

多くのHuaweiデバイスユーザーにとって最大の懸念の1つは、HuaweiがスマートフォンをHarmonyOSに移行すると、Playストアで入手可能な人気のあるアプリを使用できなくなることです。

ただし、Huaweiはこれらのユーザーが心配する必要がないことを以前に確認しています。

これは、理論上、HuaweiがAndroidへのアクセスを失っても、WhatsAppやFacebookなどのアプリが利用できなくなることを心配する必要がないことを意味します。

HarmonyOSはスマホ以外のデバイスも意識した新しいOS

Huaweiは、少なくとも現時点ではHarmonyOSをAndroidの直接のライバルとは見なしていないことを強調しています。

代わりに、同社は、スマートスクリーンを使用する製品を含むスマートフォン製品以外のデバイスにソフトウェアを展開することを計画しています。

「今後3年間で、HarmonyOSは最適化され、ウェアラブル、Huawei Vision、自動車のヘッドユニットなど、より幅広いスマートデバイスで徐々に採用されます」とHuaweiは言及しており、HarmonyOSがAndroidにアクセスできなくなった場合、すぐにスマートフォンに移行できると述べています。

 

 関連記事  【Huawei】P20など多くの機種でAndroid Qへのアップデート対応が決定

 関連記事  【Huawei P30 Pro】Android Q 10ベースのHarmonyOSが9月8日リリース




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です