Android

Pixel 4のミッドレンジ端末「Pixel 4a」に期待する特徴・機能は

Pixel 4のミッドレンジ端末「Pixel 4a」に期待する特徴・機能は

Pixel 4aの生産が予定されていることが明らかになりました。

Pixel 4aの推定リリース日(発売日)は今後六か月未満ではないかと噂されています。

気になるポイントとして、「Pixel 4a / 4a XLにどのような機能が搭載されるのか?」。

Pixel 4 / 4 XLの安価版スマートフォンであることには間違いなさそうですが、Pixel 4a / 4a XLに期待する機能を綴っていきます。

Pixel 4に匹敵するカメラ品質

Google Pixel 3aは、中価格帯にもかかわらず、Pixel 3と同等のカメラ品質でした。

運が良ければ、Pixel 4aは、より手頃な価格のPixel 4に匹敵する体験を提供されます。 Google Pixelのカメラは、高性能なカメラを搭載しているので大きなアドバンテージとなるでしょう。

Google Pixel 3aは、まったく同じリアカメラセンサーを搭載して出荷することで、フラッグシップのPixel 3にほぼ匹敵する並外れたリアカメラ品質を実現できました。

同じGoogleカメラアプリを使用することで、同社は目玉機能として、夜景モード(Night Sight)機能を組み込むことができました。

コストを抑えるため、Google Pixel 4aにはPixel 4でに搭載された望遠レンズが搭載されない可能性が高いです、少なくとも二重露出コントロールを引き継ぐことを期待します。

 

Pixel 3aの優れたバッテリー寿命を維持

Pixel 3aのレビューで明らかなのは、デバイスの優れたバッテリー寿命であり、場合によっては1日以上のバッテリー持ちです。

Google Pixel 4aにも、Pixel 3aと同じよう安定したバッテリー寿命が搭載されることを期待します。

 

Pixel Standを使用したワイヤレス充電と機能

フラッグシップのPixel 3とともに発売されたPixel Standは、Pixel 4を搭載したGoogle Pixelユーザーにとって必須のアクセサリーとなりました。

残念ながら、Pixel 3aはワイヤレス充電もサポートしていないため、Googleフォトのデジタルフレームと機能を利用することができませんでした。

 

製造品質と耐水性を強化

Google Pixel 3aについてデバイス本体に欠陥がなかったわけではありません。一部のユーザーからは、底面にあるスピーカーとUSB-Cの切り欠きが不均一であることが報告されまさした。

他にも、外側のガラスとスマートフォンのディスプレイの間に隙間が発見されました。

Pixel 4aがさらに評価の高いデバイスに成りうるとしたら、耐水性が必要です。

ミッドレンジのスマートフォンがPixel 4や他のフラッグシップと同じIP68耐水性を持つことは考えにくいですが、耐水性を持てばPixel 4aの魅力的な特徴の一つとなります。

 

ストレージ容量オプションの改善

主力のAndroidスマートフォンに関しては、外部ストレージが選択肢にならないことはほぼ当然です。サムスンでさえこの機能を捨て始めました。

ただし、ローエンドおよびミッドレンジのスマートフォンには当てはまりません。格安スマホなど手頃な価格のAndroidスマートフォンのリストにあるほぼすべてのスマートフォンは、microSDカードによるストレージの拡張をサポートしています。

Googleは、Google Oneサブスクリプションを写真を完全な元の品質で保存する最良の方法としてプロモーションしていますが、より使いやすいソリューションは、Pixel 4aで拡張可能なストレージを提供することです。

Netflix、Spotify、Disney +のコンテンツをオフラインで利用できるようにするには、追加のストレージも便利です。

これまでのところ、外部ストレージを提供しているPixel端末はなく、その傾向はすぐに変わることはほぼないといえるでしょう。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です