Android

【Huawei P30 Pro】Android Q 10ベースのHarmonyOSが9月8日リリース

中国のスマートフォン大手会社Huaweiは今週、中国東DongでHuawei開発者会議を開催しています。

このカンファレンスで、ファーストパーティオペレーティングシステムであるHarmony OSを発表。

そして、2019年9月8日にAndroid Q 10ベースのOS「Harmony OS(EMUI 10ベータ版)」がHuawei P30 Proにアップデート配信されることが明らかになりました。

2019年9月8日に「Harmony OS(EMUI 10ベータ版)」が配信される

最初の公式EMUI 10ベータ版は、2019年9月8日にHuawei P30 Pro向けにリリースされます。

Huawei P30 Pro以外でも、P20やHonorシリーズなのど、Huaweiのデバイスを所有している場合、多くの機種で随時EMUI 10ベータ版にアップデート(バージョンアップ)できるようになるとのこと。

 関連記事  【Huawei】P20など多くの機種でAndroid Qへのアップデート対応が決定

EMUI 10からの主な変更点

ダークモードの切り替え

Android Q 10の大きな変更点の機能の1つは、システム全体のダークモード切り替えです。

有効にすると、Androidの仕様に従ってダークモードが適切に実装されているすべてのアプリにダークテーマが表示されます。Android Q10を実行しているすべてのデバイスは、一部のOEMによって実装されたオプション機能ではなく必須のプラットフォームレベルの機能になったため、ダークモードにアクセスできます。

 関連記事  【Android Q ベータ5】起動アニメーションの背景を黒に設定可能に

サードパーティアプリに対しても強制的にダークモード適用可

段階的にGoogleアプリがダークテーマを対応してきていますが、いまだ対応していないサードパーティのアプリはたくさんあります。

GoogleのAndroid Q 10ベータ版では、すべてのアプリの色をインテリジェントに反転する「開発者向けオプション」の「ダークモードを強制的に実行する」設定があります。

これにより、EMUI10では、アプリにダークテーマが追加されているかどうかに関係なく、すべてのアプリを暗くすることができます。

設定画面の簡素化/再編成

EMUI 10の新しい設定ページでは、頻繁に開かれるアイテム(Wi-Fi、Bluetooth、モバイルデータ)が一番上に配置され、同様の設定が小さな区切り線で区切られてグループ化されます。

新しくなったカメラのUI

EMUI 10では、EMUI CameraアプリのUIが微調整されました。

HuaweiP30 Proのデモ機で、カメラモードのタイトルとシャッターボタンの間のスライダーが赤い点に置き換えられていることがわかりました。

左右にスワイプしてさまざまなカメラモード間をスクロールできますが、実際のビューファインダーをスワイプしてカメラモードを変更することはできません。

新しいスワイプアップアプリドロワージェスチャ

ランチャーを上にスワイプしてアプリの引き出しを開く機能です。

これは、最初に第1世代のGoogle PixelスマートフォンでPixel Launcherに最初に追加されましたが、EMUI LauncherはEMUI 10でようやく入手可能になりました。

上にスワイプするとホーム画面に遷移するアニメーション

EMUIの組み込みのナビゲーションジェスチャを有効にして下から上にスワイプすると、アプリページが最小化されます。

一部のタイルの新しいクイック設定アニメーション

例えば、機内モードに切り替えると、飛行機が前方に移動する短いアニメーションが表示されます。

 

 関連記事  【まとめ】Android Q 10の新機能、特徴、レビュー、変更点、不具合

 関連記事  【まとめ】Huawei Mate 30 / Mate 30 Proの発売時期・スペック・特徴・価格




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です