Android

【徹底比較】Pixel 4とiPhone 11どちらが買い?仕様や性能、価格

【徹底比較】Pixel 4とiPhone 11どちらが買い?仕様や性能、価格
どろいど君
どろいど君
結局のところGoogle Pixel 4 / XLとAppleのiPhone11はどっちが買いなの?

と疑問に思っている方に向けて書いています。

この記事では、「Google Pixel 4 / XLとAppleのiPhone11はどっちが買いなのか?」を念頭にスペックやカメラ性能、価格などを比較考察していきます。

【Pixel 4 vs iPhone 11】端末外観の比較

iPhoneは以前のデザインを踏襲していますが、背面にいくつかの微調整が加えられています。

Pixel 4は、Pixel 3と異なり非常に際立ったデザインを持っています。艶消しの黒い側面とカラフルな電源ボタンは、印象的なデザイン。

【Pixel 4 vs iPhone 11】ハードウェアの比較

どちらのスマートフォンにも大きなディスプレイがあり、印象的で正確な顔スキャン技術が搭載されています。

Googleはノッチを削除した一方で、Appleはディスプレイのノッチを保持しています。

Pixelにはハンズフリーのモーションセンス(Motion Sense)テクノロジーが搭載。スマートフォンの顔認識ロック解除は、Pixel 4の方が少し高速といわれていますが、ほとんど違いはありません。

ディスプレイは、大きな違いがあります。

Pixel 4および4 XLのFHD +およびQHD + AMOLEDディスプレイと比較すると、iPhone 11の828p LCD画面はあまり鮮明とはいえません。

iPhone 11の柔らかいアルミニウムの側面はより快適に感じますが、Pixel 4のつや消しのエッジと背面ガラスは手で触れたときに、より多くの「手触り」を感じます。

カメラのレイアウトについてどのように感じるかは個人の好みでもありますが、ピクセルはよりまとまりがあり、あまり固執されていないように感じます。

どちらのスマートフォンも防水。両方ともIP68規格です。つまり、水深1.5メートル以内で最大30分間耐えることができます。このため、両方のスマートフォンは、アウトドアやマリンスポーツなど、アクティブな人に最適です。

【Pixel 4 vs iPhone 11】ソフトウェアの比較

Androidの場合、Pixel 4は間違いなく、高速アップデートとフルOSビルドが必要かどうかを選択するスマートフォンです。同様に、iPhone 11は定期的にソフトウェア更新されますが、これらの重要なOSの更新は長い期間にわたって行われる可能性があります。

当然、AndroidとiOSを直接比較することは困難ですが、注目に値するのは、しばらくの間、Pixel 4のAndroid 10がiOS 13に最も近いことです。

iOSのように、余分なキャリアの肥大化や不必要なアプリや調整はありません。

iOS 13では、Android 10ほどのカスタマイズはできませんが、Pixelがまだ複製できない機能がいくつかあります。 AirDropやiMessageのような機能は、Android端末で実装されていません。

ただし、Pixel 4にはiPhone 11にはない多くの優れた機能があります。 Google Assistantとの緊密な統合により、ハンズフリーコントロールに関してはSiriよりも優れているといわれています。

ライブキャプションとリアルタイムの文字起こしは、モバイルエクスペリエンスとして、強力な機能です。 Googleは、アップルよりもソフトウェアに注力しています。

【Pixel 4 vs iPhone 11】カメラ性能の比較

iPhone 11シリーズは、しばらくの間、Apple製のスマートフォンの静止画機能に最大の改革をもたらしました。 Pixel 4は微調整と改良を行いますが、iPhone 11は飛躍的に進歩し、場合によってはスマートフォンの事実上の王者といえるかもしれません。

多くの場合、画像特性の好みに要約されます。 iPhone 11は、やや暖かい写真を生成しますが、Pixel 4は、ほとんどの設定で、より冷たいが、著しくシャープな写真を生成する傾向があります。

両方のスマートフォンにもデュアルカメラが初めて搭載されました。ただし、Appleは標準のワイドレンズとウルトラワイドを搭載していますが、Googleはワイドと望遠を採用しています。

Pixel 4で望遠ズームを使用する場合は、強化されたSuper Res Zoomも利用できます。これは、GoogleのAI後処理を利用してシャープネス、明瞭さを改善する魔法のような機能。

iPhoneでズームインすることはできますが、デジタルズームは印象的なソフトウェア技術に支えられていません。

iPhoneに初めてナイトモードが追加されましたが、Pixelの夜景モード(Night Sight)とは異なり、専用カメラモードではありません。自動的に有効になり、露出を増やして暗い設定で詳細を表示することで撮影します。

Pixel 4は夜景写真は、iPhone 11より自然に見えるため、非常に印象的です。加えて、Pixel 4では天体写真モードにより星空写真も撮影できる強みがあります。

静止画撮影では、2つのデバイスを選択するのは難しく、前述のカメラ特性の好みに合わせてどちらか絞り込むのがよいかもしれません。

動画撮影機能は、iPhone 11は、スマートフォンマーケットで最高のビデオ用スマートフォンです。

iPhone 11は前面カメラで4Kを実行することもできますが、1080p 30fpsのみに対応。ビデオ撮影では、iPhone 11のほうが優れています。

【Pixel 4 vs iPhone 11】バッテリー・電池持ちの比較

Pixel 4の2,800mAhバッテリー(もしくはPixel 4 XLの3,700mAh)とiPhone 11の3,110mAhバッテリーを単純比較することはできません。

ただし、実機にて同条件、同環境で、両者のバッテリー持ちを比較したテストでは、結論からいえば、iPhoneのほうがPixel 4 XLを一時間上回る結果になりました。

どちらのデバイスにも10Wワイヤレス充電に対応しています。

 関連記事  Pixel 4 XLとiPhone 11の電池持ちを比較|iPhoneが1時間長い結果に

【Pixel 4 vs iPhone 11】価格・値段の比較

iPhone 11とPixel 4の基本モデルの価格は以下のとおり。

公式ストア

iPhone 11(64GB/128GB)74,800円/79,800円
Pixel 4(64GB/128GB)89,980円/103,950円
Pixel 4 XL(64GB/128GB)116,600円/128,700円

ソフトバンク

iPhone 11(64GB/128GB)89,280円/95,040円
Pixel 4(64GB/128GB)87,840円/101,760円
Pixel 4 XL(64GB/128GB)114,240円/126,720円

公式ストアでは、Pixel 4シリーズのほうが一回り高いことがわかります。

一方で、ソフトバンクでは、iPhone 11は割高ですが、Pixel 4シリーズについては、公式ストアよりも2,000円ほど安く購入することができます。

Pixel 4とiPhone 11は結局どちらが買い?

コストパフォーマンスを考慮すると、ややiPhone 11に軍配があがる印象ですが、OS・操作性などの「好み」も選択に影響します。

  • AndroidとiOSのOS・操作性の好み
  • バッテリー寿命はiPhone 11が優秀
  • ディスプレイはPixel 4の方が優れている
  • 写真撮影はPixel 4、動画撮影はiPhone 11が優勢

上記の比較を踏まえ、「どちらがより自分に適したスマートフォンか?」を考えると、自ずとどちらを選択すべきかがみえてくるかと思います。

 




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です