Android

【ジム用】Bluetoothワイヤレス・イヤホンのレビュー【ランニングにも】

【ジム用】Bluetoothワイヤレス・イヤホンのレビュー【ランニングにも】
どろいど君
どろいど君
ジムやランニングのときに便利なイヤホンってどれ?

と疑問を持っている方に向けて書いています。

この記事では、ジム・ランニングを日常的におこなっている管理人が、実際につかってみて便利!!と思ったおすすめのイヤホンをレビューしていきます。

先に結論

おすすめのイヤホンは、中国製のイヤホンUbeats。今のりにのっているスマホメーカー、UMIDIGIから発売されています。しかも2019年6月に発売されたばかりのモデル!

Ubeats注文・開封の儀

外箱

Ubeats注文・開封の儀

AmazonでUbeatsを注文。

段ボールを開封すると中身はうえの写真のとおり。

付属品

さらに箱を開封したときの図(上の写真)

サイズのことなる取り換え式のイヤホン、USB充電ケーブルも付属しています。

取扱説明書

外箱などの表記は基本的に英語ですが、取り扱いマニュアルは日本語に対応。

イヤホンの外側はマグネットでできており、取り外したときは上の写真のようにくっついてくれます。

これにより、コードが絡みあうのを自然に回避してくれます。(イヤホンのコードって絡むととてもめんどうですよね、、)

 

本体に搭載されたボタンは三つだけ。電源、音量ボリューム(+、-)のみ。

それ以外の操作は、Bluetoothで接続されたスマートフォンでおこないます。

実際につかってみた感想(メリット・デメリット)

Ubeatsを実際につかってみた感想をあげてみます。

正直、3,000円ちょっとで購入したことを考えるとメリットが圧倒的に多いです。

メリット

  • Bluetoothでスマホ(Android・iPhone)と接続可
  • 価格が安い
  • スポーツ中の使用を想定した設計
  • コードがシリコン製なので絡まらない&肌にやさしい
  • カナル型の構造のため外の音を防げる
  • 走っているときもコードが邪魔にならない(外れない)
  • USBケーブルを挿入するだけで、かんたん充電。
  • マイク内臓なのでイヤホンしたまま通話可能

デメリット

  • 本体で電池・バッテリーの残量が確認できない

Ubeatsの特徴と仕様

2019年6月に発売されたばかりということもあり、最新の技術が詰め込まれています。

Bluetooth 5.0

他の一般的なヘッドフォンと比較して、Bluetooth 5.0テクノロジは接続安定性と互換性が広く、消費電力を25%削減できます。

※Bluetoothペアリング中は、iPhoneまたはiPadを介してヘッドセット自体の電池残量を確認できます。

12時間の長い再生時間

一時間30分で満充電が可能で、12時間連続再生できます。これは、ほかイヤホンの1.5倍以上。

CVC 6.0ノイズキャンセリング技術

CVC 6.0ノイズリダクションテクノロジと高感度マイクを使用すると、通話中にノイズを除去し、明確で純粋な通話品質を得るためにそれを使用することができます。

バランスをとっている高、中、低周波数で、音質は綺麗で、長時間聞くこともできます。音楽の時間を十分に楽しめます。

IPX5防水

IPX5防水規格の防水性能と内側のナノコーティングによる2層の防水性能も、小雨や軽い運動の汗に耐えることができます。

まとめ

値段が安いので、「すぐ壊れたりしないかな、、」と心配していましたが、そんな心配はいりませんでした。

特に下の三つの点で、ジムで運動、ランニングしているときに向いているといえます。

  • 防水機能によって運動時の汗に耐える
  • シリコンなので肌にやさしくコードが邪魔にならない
  • 期待以上に音質がよく丈夫でコスパよし
どろいど君
どろいど君
頻繁に運動する機会のある方はぜひ試してみてください!




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です