Android

【Android Q 10】特定のWebサイトの使用制限をかける機能を実装か

【Android Q 10】特定のWebサイトの使用制限をかける機能を実装か

Android Pie 9.0で新しく搭載されたDigital Wellbeing機能。

このように、2018年はノッチだけでなく、「デジタルウェルビーイング」の年でもありました。GoogleやAppleのような大手企業は、ユーザーが自分のスマートフォンの使用状況を制御および監視できることが重要であると判断しました。

Digital wellbeing機能とは?

AndroidとiOSの最新バージョンでは、特定のアプリケーションの使用を制限したり、携帯電話を魅力的にしたり、一部のサービスを制限したりすることができます。

 関連記事  スマホ中毒を防止!アプリタイマーの使い方を徹底解説【Android 9 新機能】

GoogleはAndroid Qでこの機能をさらに広げる動きをみせています。

Google chrome上で特定のWebサイトを使用制限

Androidの次期バージョンはGoogle ChromeとDigital Wellbeingの統合をもたらします。

Chromium Gerrit氏は、この機能は「Chromeshine」というコードネームで2ヶ月間機能していることを示唆しています。

この新機能を使用することにより、特定のアプリだけでなくウェブサイトも制限することができるようになるとのこと。 GoogleはGoogle Chromeから情報を要求するためにPageViewObserver APIを使用。

シークレットモードでは何も追跡できないこともポイントの一つ。まだ確認はされていないものの、Googleはおそらく頻繁に訪問するウェブサイトをDigital Wellbeingダッシュボードに含めるだろうと推測されています。

以下、現時点で公開されているスクリーンショット。

サードパーティのアプリでは使用不可か

残念ながら、Googleはサードパーティのアプリケーションが情報にアクセスを許可しない見通し。

開発者の一人によると、APIを利用可能にするためにはより多くのセキュリティの改善が必要とされ、当面は、Google Chromeから提供される機密情報から、アプリケーションAPIを悪用されるのを制限する可能性が高いとされています。

 参考記事  Android Q will add Google Chrome integration into Digital Wellbeing




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です