Android

【レビュー】Android Q 10のバッテリー持ちをPixelで検証【電池持ち】

【レビュー】Android Q 10のバッテリー持ちをPixelで検証【電池持ち】

Android(アンドロイド) Q 10のベータ版6が公開され数週間が経過しました。正式リリースまでもうまもなくです(参考:【Android Q 10】ベータ版6(最終プレビュー)がリリース!変更・改善点等

手持ちのPixel 2 XLにAndroid Q 10をインストールしましたので、バッテリー(電池)持ちをレビューしてみます。

このブログ記事では、Pixel 2 XLでレビューしていますが、お使いの端末、使用状況によって結果が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

Android Q 10をインストールしたら更にバッテリー持ちがよくなった

購入当初はAndroid 8.0がインストールされていたPixel 2 XL。

当初からバッテリー持ちの良さを実感していましたが、Android Pie(9.0)をインストール後、更にバッテリー持ちが良くなりました。

そして、今回新たにAndroid Q 10にアップデートしたところさらにバッテリー持ちが改善されました。

電池残り残量4%のところでスクリーンショット。

フル充電後20時間経過しても4%残っている状態はかなり優秀といえるのではないでしょうか。

Android Pie 9時代のバッテリー持ちは、長くても丸一日までだったと記憶しています。

Android Q 10から新しく搭載されたダークモードによってバッテリーを節約できている可能性が高いです。

Android Q 10で搭載されたダークモード

Android Q 10では、ユーザーの任意の設定でダークモードを設定できるようになりました。これにより、画面の照度を抑えてバッテリー節約につながります。

Android Q 10のシステムワイドダークテーマ

ダークモードは、Android Pie 9のときよりも適用される場面が多く、設定、通知、ポップアップウィンドウにも適用されます。

色は、Android 9 Pieのダークモードよりも暗い色に設定され、純粋な黒に近い色。

電池を節約しておきたいときは、このダークモードを設定しておくことをおすすめします。

 関連記事  【まとめ】Android Q 10の新機能、特徴、レビュー、変更点、不具合

Android Pie(9.0)で搭載された自動調整バッテリーの効果

Android Pie (9.0)で新しく搭載されたアダプティブバッテリー。

アダプティブバッテリー(自動調整バッテリー)は、ユーザーのアプリの使用頻度などを機械学習し、電池の消耗を抑えてくれる機能。

Googleによると、アダプティブバッテリーによって約30%のバッテリー持ち向上が見込めるそうです。

Android Pie (9.0)から搭載されていますが、Android Q 10でも引き続き利用可能。ぜひ常時設定オンにしておきたい機能です。

 関連記事  【電池持ち30%向上】自動調整バッテリーの設定方法【Android Pie】

Android Q 10の電池・バッテリー周りの不具合など

現在は特に確認されていません。

 関連記事  Android Q 10へのアップデート後の不具合・バグ報告

さいごに

今回のレビューで使用したOSは、Android Q 10のベータ版。まだ正式版の公開を控えている状況です。

ベータ版であるものの、現時点では電池まわりの不具合は特にありません。正式版発表前にすでに満足していますが、さらなる向上に期待してみたいと思います!

 

 関連記事  【Android Q 10】リリース時期とアップデート開始はいつ?

 人気記事    『電池の減りが早い』ときの原因と対処法をスマホ歴12年の私が徹底解説

LINEモバイルにおトクに乗り換えよう!

毎月のスマホ代がなんと半額以下に!

LINEモバイルならキャンペーン期間中は月額300円から。キャンペーン期間終了後も月額500円~使えちゃう!

LINEモバイル公式Webサイト

/キャンペーンコード「1906WA05」でさらに5,000円引き!\

2年縛り&自動更新なし!だけど安い!

さらに今なら5,000円引きのキャンペーン実施中!

キャンペーンコードは「1906WA05」詳しくは、公式Webサイトから!

LINEモバイル公式Webサイト

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です