Android

Android版AirDrop?ファイル転送「Fast Share」がAndroid Qで導入予定

Android Q 10で廃止となったファイル転送ソフト「Android Beam」。iPhoneでいうところのAirDropの機能。

現在公開されているAndroid Q 10のベータ版ではまだ実装されていませんが、Android Q 10の正式バージョンには、ファイル転送ソフトとして「Fast Share」が導入される見込みです。

Fast Shareの仕組み

Android版AirDrop?ファイル転送「Fast Share」
Android版AirDrop?ファイル転送「Fast Share」

Fast Shareでは、「インターネットなしで近くのデバイスとファイルを共有」することが可能。

サービスはBluetoothを使用。その後、ハンドシェイクを開始して、直接Wi-Fi接続を介してファイルを転送します。これにより、大きなファイルをAndroid Beamよりもはるかに速く転送できるようになります。

Fast Shareの使い方・手順

共有の流れは、AppleのAirDropファイル共有サービスとほぼ同じ。

Android版AirDrop?ファイル転送「Fast Share」
Android版AirDrop?ファイル転送「Fast Share」

必要なファイルを選択して、共有シートメニューの「Fast Share」オプションを選択すると、ファイル(複数選択可)を別のデバイスに送信できます。

Android版AirDrop?ファイル転送「Fast Share」
Android版AirDrop?ファイル転送「Fast Share」

その後、スキャンメニューにデバイスが表示されたら、どのデバイスに送信するかを選択できます。

Fast Shareが使える対象のデバイスは?

Google Play Servicesがインストールされている他のAndroidデバイスとのファイルの送受信をサポートしていることを確認できます。

 関連記事  【最新OS】AndroidQ 10にアップデート可能な対応端末一覧【21機種】

ただし、Fast Shareが特定のAndroid OSバージョンを必要とするかどうかは、今のところ未確認。 BluetoothとWi-Fi Directのサポートのみが必要であれば、ほとんどの最新のAndroidリリースがサポートされると予想されています。

 参考  xdaDevelopers




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です