WiFiルーター

【解決】家のWi-Fiネット速度が遅い!原因と改善方法5つ解説【まとめ】

高性能なWi-Fiルーターに買い替える

Wi-Fiをはじめとする、無線インターネット接続は現代の家庭では重要なインフラの一つともいえる存在。

インターネットの回線速度が遅すぎるとされていないとイライラすることもありますよね。

インターネットの回線速度が遅くなる原因として、Wi-Fiネットワークの混雑、使用するエリアに関係なく、パフォーマンスに影響する原因がいくつか考えられます。

この記事では、簡単な設定で、Wi-Fiの電波を増強・改善する方法を解説していきます。

Wi-Fiルーターの設置場所を最適化する

Wi-Fiルーターの設置場所を最適化する

スマートフォンやパソコン、タブレット等のデバイスとルーターの位置関係は重要です。

基本的な考え方として、家の中全体でWi-Fiを使用したい場合、家の中央にルーターにWi-Fiルーターを設置するようにします。

厚い壁を間に挟む場合、Wi-Fi信号が弱くなってしまうため、部屋が1つか2つ離れている場合は、ルーターまたはデバイスを互いに近づけると良いです。

さらに、ワイヤレス信号を妨害する電子レンジ(マイクロ波)などの家電があります。

電波が干渉してインターネット速度が低下してしまう恐れがあるため、電子レンジがない場所にWi-Fiルータを配置することをおすすめします。

電波のチャンネル(帯域)を最適化する

電波のチャンネル(帯域)を最適化する

ワイヤレスネットワークの通信範囲を改善する最も簡単な方法は、ルーターの設定ページにアクセスしてルーターの設定を変更することです。

多くのWi-Fiルーターは2.4GHzと5GHzの帯域を持っています。

もし手元のルーターが5GHzに対応している場合、5GHzの帯域に接続することで速度が改善される可能性が高いです。

一般的に、5GHzは、混雑が少なく帯域幅容量が大きい通信規格とされています。

ルーターのファームウェア(ソフトウェア)を更新する

ファームウェア(ソフトウェア)を更新する

ファームウェアを更新することにより、ルーターのパフォーマンスが向上し、Wi-Fi速度が低下する可能性があるエラーを修正できます。

ルーターのファームウェアを更新するには、デバイスの管理インターフェイスを使用して、ウェブブラウザにデフォルトゲートウェイのIPアドレスを入力してアクセスします。(詳しくは説明書を要確認)

電波を延長・中継する機器(エクステンダー)を使用する

電波を延長・中継する機器(エクステンダー)を使用する

中継ルーターを導入して、遠くまでWi-Fi電波が到達するようにする方法です。

一般的には親機ルーターからWi-Fiが発信され、スマートフォンやパソコン等デバイスの子機で受信します。

Wi-Fiルーターからデバイスまでの距離が遠ければ遠いほど、通信速度は下がります。

この通信速度の低下を回避するために、中間にルーターの中継機(エクステンダー)を設置し、速度の低下を防ぐことができます。

高性能なWi-Fiルーターに買い替える

高性能なWi-Fiルーターに買い替える

上記ではエクステンダーの導入について触れましたが、そもそも親機のルーターが古かったり、性能が低ければ、よいパフォーマンスを出すことはできません。

同じWi-Fiでも「a」「b」「g」など、いくつか規格の違いがあり、これにより対応できる速度に違いがでます。場合によっては100倍近く最大通信速度が異なることも。

これから買い替える場合は、最も性能が良いとされる「ac」に対応したルーターを選ぶことをおすすめします。

規格周波数帯最大通信速度特徴
IEEE802.11a5GHz54Mbps・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくい
・障害物に弱い
IEEE802.11b2.4GHz11Mbps・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けやすい
・障害物に強い
IEEE802.11g2.4GHz54Mbps
IEEE802.11n2.4GHz600Mbps・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けやすい
・障害物に強い
5GHz600Mbps・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくい
・障害物に弱い
IEEE802.11ac5GHz6.9Gbps・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくい
・障害物に弱い

たとえば、ルーター親機が一番性能が良いとされる「ac」に対応していても、デバイスが「ac」に対応していなければ、「ac」の規格で通信することはできないないので注意する必要があります。

親機だけではなく、デバイス本体が「ac」に対応しているか確認しましょう。

通信規格「ac」に対応したおすすめのルーター

4LDK、3階建ての一軒家にも対応可能な強力なWi-Fiルーターです。もちろん5GHzと2.4GHzの帯域に対応しています。

費用はかかりますが、性能の高いルーター取り換えることが最終手段かつ一番の近道です。

 

 人気記事  【スマホ歴12年が】電池の減りが早いときの原因と対処法【徹底解説】




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です